仕事のコツ②

来店するお客様はタイプもお財布事情も、人それぞれ。
毎回大盤振る舞いしてくれるような羽振りの良い方もいれば、
お給料日前と後で雲泥の差になる方もいます。
そこで知っておきたいのが、大体の懐事情。
『このお客様ならいつでもおねだりして大丈夫』
『今日はちょっと費用を掛けたくない時期かな…』など、
把握しておけばムリな営業を掛ける必要もありません!
好感度を上げるためにも、知っておくと便利ですよ♪

 

《その1★時間的な事情》

お客さんの時間の都合を把握しておく
お客様によって仕事が異なるように、忙しさも違ってきます。
『この間まで頻繁に来てくれていたのに、急にバッタリと来なくなった』
『お店を変えたのかと思ったけどまた来てくれるようになった』
接客業をしたことがある女の子なら、一度は感じたことがあるハズ◎
それに深く関わってくるのが…“繁忙期”と“お給料日”。
一定期間長く来店されない時などは、お仕事が忙しい時期に入っていて
なかなかお店に来られないということも。
お給料日前のお財布が寂しい時なんかも、やっぱり足は遠のいてしまうもの。
そんな時に『お店に遊びに来て!』と連絡しても、
疲れているお客様からしてみればストレスになりかねません。
そうならないためにも、日頃の会話で忙しい時期を聞いておいたり
来店のサイクルを把握しておくことが大切です!

 

《その2★金銭的な事情》

お客さんの懐事情を把握しておく
一人暮らしの方や裕福な方であれば自分の感覚である程度自由に
お金を使えるため、割と頻繁にお店へ来てくれます。
しかし、結婚されている方や家族がいる方となると
“お小遣い制”であることが多いため、自然と来店回数が限られてくるんです。
ではその懐事情を知るにはどうすればいいのか…。
さすがに『お小遣いって月にどれくらいなんですか?』と直球で聞くのはNG!
当たり障りなく質問するとしたら定番ではありますが
『よくこういうお店で遊ばれるんですか?』と回数を聞いたり、
『お気に入りのお店ってあるんですか?』と料金システムの層を聞いたりして、
少しずつ把握していくのがベスト。
繰り返し来店してくれそうなお客様なら、一度にいくつも質問してしまうより
何回かの機会に分けて仲良くなりつつ聞くと効果的です◎